伊藤伸二の吃音(どもり)相談室

「どもり」の語り部・伊藤伸二(日本吃音臨床研究会代表)が、吃音(どもり)について語ります。

大阪青少年活動財団

子どもへの支援 子どもの苦戦を支援する 1 石隈利紀さんの講演より

 「スタタリング・ナウ」NO.95 2002.7.20 では、日本吃音臨床研究会、朝日新聞厚生文化事業団、大阪青少年活動財団との共催で行った教育講演会を報告しています。講師は、石隈利紀さん。演題は、「一人ひとりの子どもを生かし、援助者が生きるサポート〜みんなが資源、みんなで支援〜」でした。
 石隈さんとのお付き合いも長くなりました。最初、吃音ショートコースのゲストとしてきてくださったのが、1999年、滋賀県のりっとう山荘でした。夜遅く到着される石隈さんを、外に出て待っていたことが懐かしいです。
 その後、今回紹介する教育講演会、最初のシリーズの吃音講習会、今も続いている親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会でも、講師としてきていただきました。腰の低い、フレンドリーな姿勢は、今も、最初の出会いの頃と全く変わりません。

  
子どもの苦戦を支援する
            筑波大学心理学系教授 石隈利紀


 2001年6月30日、朝日新聞厚生文化事業団、大阪青少年活動財団などとの共催で、筑波大学心理学系教授・石隈利紀さんをお迎えして、《教育講演会》一人ひとりの子どもを生かし、援助者が生きるサポート〜みんなが資源、みんなで支援〜を開催しました。3時間の講演の前半部分を紹介します。

子どもと環境との折り合い
 不登校の子どもが増えています。いろいろなタイプの苦戦をしている子どもがたくさんいます。子どもはどんなふうに苦戦しているか考えるときに、今の子どもは弱くなったとか親が悪いとか、いろいろな説明があります。それぞれに納得しても、納得しきれないですね。子どもの苦戦についていくつかの整理の仕方があると思いますが、今日は「折り合い」と「危機」という2つのとらえ方で子どもの苦戦のお話をします。
 例えば、昔、不登校のカウンセリングに関する研究で、こういう性格の子どもが学校を休みやすいというのがあったのですが、それでは不登校についてよく分かりません。子どもが学校に来なくなるのはいろいろな要因がありますから、簡単ではありません。
 子どもの不登校で言えることは、子どもと学級・学校との「折り合い」がうまくいっていないということです。これが不登校を理解する出発点です。
 子どもの環境に合わせる力が弱い。環境の方が、その子どもに合わせる柔軟性がない。その両方かもしれない。いろいろな場合があると思います。最初から、家族が悪いから不登校になったと決めるのは、よくない。その子どもと学級や学校との折り合いについて理解しながら、学校や家族が「その子どもと学校や学級との折り合いがうまくいくためには、どうしたらいいか」を考えるのです。
 折り合いがついているかは、3点でチェックします。

1.その場所にいて楽しい。
2.知り合い、友達など人間関係がある程度ある。
3.そこで課題に取り組んでいる、何か自分で意味を見い出せることをしている。例えば、勉強をしたり、友達を増やしたりして、1歩でも成長している。

 子どもが学校との折り合いがある程度いいというのは、その子がある程度学校生活を楽しんで、人間関係がある程度あって、成長しているということです。
 不登校の要因は複雑ですが、不登校になることだけを説明すれば、けがをする、歩いていてこけることだと思います。こけたら痛いですから、暫く休んだ方がいい、キズを治した方がいいです。こけたのは、その子どもがひょっとしたら歩く力が不十分だったからか、あるいはその子どもが歩いた道が穴ぼこだらけだったからか、道が堅すぎたからか、は分かりませんけれども、休むようになったことは、心のけがと言えます。
 だったら、けがは治した方がいいし、けがしたときは無理しない方がいい。でも、けががだんだん治ってきたら、学校に戻るもよし、学校以外のところでもいい。どうやったら自分が歩いて行けるか、どういうふうに歩いて行きたいのかを、自分のペースの中で考えていくといいですね。
 また、歩き始めるのはとっても不安ですし、恐いです。恐くて当たり前です。そのときに、誰かがそばにいて、いっしょに歩いてくれるといいなと思います。
 その子どもの力だけじゃなくて、子どもと学校のどの辺の折り合いが悪かったかをまず理解すると、その子どもや学級をサポートしていくヒントになります。

勉強の仕方や行動の仕方
(1)勉強の仕方
 小学2年生の男の子が「車」という漢字を書いたときのことです。まず「車」という字をじっと見ました。そして「日」を横に2つ書いて「田」を書きました。さらに、「車」をじっと見て、「あっ。十が2つある」と、「田」の上に1つ、下に1つ「十」を加えました。
 この子は、ものごとを部分と全体で理解すること、いろいろなことを同時に見て、同時的に処理するというやり方が得意です。でも、書き順は全然だめです。
 小学校で漢字を教えるときは、「書き順で、1つずつやる」のがやりやすい子どもと、「とにかく形を真似してごらん」と言う方がやりやすい子どもがいることは知っておきたいことです。
 「その子どもが頑張って勉強するか、しないか」ではなくて、「その子どもがやりやすい、得意な勉強の仕方は何だろう?」・・これこそが、私たち大人が考えなければならない問いですね。
 勉強しんどそうだから、今ちょっと休んだ方がいいよは大事なことですが、これで全部ではないのです。その子どもが少し元気が出てきたら、どういう勉強のやり方がこの子にはいいのかな、この子あんまり漢字好きそうじゃないけど、時々楽しそうにしている、なぜだろう、と考えるのです。
 私たちは「今日はやる気があったのだ」と思ってしまいますけど、やる気だけで考えると、子どもの姿を見逃しますね。逆に、子どもができたとき、「やればできるじゃない。日頃さぼっているのでは?」と余計恐いことを言いかねません。
 子どもが勉強で苦しんでいるときには、その子の勉強の仕方とこちらの教え方との折り合いが悪いのかもしれないことを頭の中に入れておくといいと思います。

(2)行動の仕方
 その子どもの得意なやり方、スタイルは、勉強に関する学習スタイルだけでなく、行動の仕方とか友達の作り方にもあります。
 ある小学5年生は、勉強も良くできるし読書が好きで、小学4年生までは学級ですごく誉められていました。でも5年生になるとなかなか誉めてもらえない。その子はおとなしくて外で運動したり、友達をたくさん作るのは得意ではない。だけど、5年生の学級担任は、「友達は多い方がいいからたくさん作りましょう。休み時間は本なんか読まないで外で遊びましょう」というタイプの先生です。その子どもは大苦戦です!よく子どもと担任の先生の相性と言いますが、子どもと担任の先生と折り合いがつきにくいときとつきやすいときとがありますよね。そういうところで子どもの折り合い行動のスタイルを見ていけます。その結果、子どもへのサポートが上手になるといいなと思います。
 学校との折り合いがつかない場合は、その子どもがひ弱だということではなくて、その子どもの得意なやり方と学校のものごとの進め方がどこか合わないのではないか。折り合えるところが工夫によって増えないか、と考えるのです。子どもと学校が折り合えるよう工夫をしましょう、そう言いたいのです。
 子ども達のサポートにおいて、方向性からいくと、子どもが環境に折り合う力を伸ばすという方向と、環境が様々な子どもと折り合う柔軟性を伸ばすという方向があります。双方向での援助が必要です。
 今、学校や地域に問われていることは、いろんな子どもが暮らしやすいように、いかにして柔軟性を高めるかです。学校は、何でもできる一流の場所になるのではなく、いろいろな子どもが楽しみながら成長できるような柔軟な場所になるといいなと思います。それが、子どもと環境との折り合いということです。(「スタタリング・ナウ」NO.95 2002.7.20)


日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2023/11/16

「寅さん」と「浜ちゃん」から学カウンセリング〜石隈利紀さんの教育講演会〜

「寅さん」と「浜ちゃん」から学ぶカウンセリング       

 「スタタリング・ナウ」2001.7.21 NO.83には、『論理療法と吃音』の出版を記念して、石隈利紀さんを講師に、教育講演会を開催したことを掲載しています。國分康孝さんから紹介いただいた石隈さんとは、本当に長い間、深い温かいつながりが続いています。本論の前のお話を紹介します。

「寅さん」と「浜ちゃん」から学ぶカウンセリング
                筑波大学心理学系教授 石隈利紀


《教育講演会》一人ひとりの子どもを生かし、援助者が生きるサポート
〜みんなが資源、みんなで支援〜


 『論理療法と吃音』を6月30日には完成させ、発刊を記念して大阪に来て下さいませんか。この電話から教育講演会と出版記念の論理療法上級編の学習会。おまけとして学習会参加者との出版記念の会食会が6月30日から7月1日にかけて開かれました。『スタタリング・ナウ』の84号の上級編という案内に尻込みされた方もおられたのではないでしょうか。初心者ですが、と参加された勇気ある方も、ゆっくりと進められる学習会によく理解ができたのではないでしょうか。遠く長野、山形、東京、広島からも参加し、充実した2日間を過ごしました。
 講演会は当初、日本吃音臨床研究会だけの主催でしたが、幅広く参加して欲しいと、朝日厚生文化事業団、大阪青少年活動財団など、4つの団体と共催しました。その結果、幅広い参加が得られ、180定員の会場は、ぎっしりと人で埋まりました。当初、講演の3時間は聴衆にとって長いのではないかという危惧もありましたが、熱を帯びた3時間はあっと言う間に終わりました。詳しくは日本吃音臨床研究会の皆様にはなんらかの形で報告しますが、2001年6月30日の講演の本論の前のお話も充実して興味深いものでした。その分だけでもと、先行紹介します。石隈利紀ワールドをお楽しみ下さい。
 石隈さんの校閲は受けましたが、編集の文責は編集部にあります。


カウンセリングと援助
 私たちは日頃友達に相談したり、親は子どもの援助をしたり、教師は生徒のサポートをします。援助というのはカウンセラーだけの仕事ではなくて、お互いが助け合うというところからスタートしています。ところが、現代生活において、お互い様で助け合うことが少なくなって、地域社会や人間関係の寂しさの中で、カウンセラーを職業とするような人も生まれてきたようです。カウンセラーや教師という職業は、援助する側になってしまうことが多いのですが、私はしょっちゅうドジをして援助されます。援助したり、援助されたりがないと、援助することの大切さやありがたさが、なかなか分かりません。

4種類のヘルパー
 援助する人を、大きく4種類に分けてみました。
\賁臈ヘルパー
 カウンセラー、精神科医など援助が主な仕事の人。
∧9臈ヘルパー
 教師など、援助が仕事の重要な一側面である人。
L魍篥ヘルパー
 親など自分の役割の一部に、援助が入っている人。
ぅ椒薀鵐謄アヘルパー
 援助するのが仕事でもなければ、家族の役割でもない。でも「ほっとけないから」援助する人。ボランティアということばには、「自発的に」という意味があります。

 教師の援助は、カウンセラーとは、持ち味が違います。たとえば、土砂降りの雨の中で、びしょぬれになって元気がなくなった人が雨宿りして、暖かくしたり、話をしたり、どの辺に行ったら雨がひどくないかというのを一緒に考えたりすることが、カウンセラーの仕事に近いです。
 一方、学校の教師は、土砂降りの雨の中で、生徒と一緒に歩いているので、傘を貸すこともできれば、水たまりが少ない所を一緒に歩くこともできます。時には背負うこともできます。この辺は親とも似てます。生活の中で親は、援助だけではなく、躾や、子どもが何か失敗した時にはその責任を負い、援助だけというなまやさしいものではないと思います。

寅さん:100人に対して100の顔をもつ
 私は大の映画好きでして、特に『男はつらいよ』の大ファンです。その寅さんと、『釣りバカ日誌』の浜ちゃんが、私のカウンセリングや学校で生徒にかかわるときのお手本となりました。
 寅さんの映画が始まったのは、多分1970年前後だったと思います。私も映画を見てジーンときたり、笑ったり、泣いたり、つらくなったり、複雑な気持ちになりましたが、何故かほっとしました。
 私の出身は山口県です。とてもまじめでしっかりした妹がいて、学校を卒業すると地元に就職して、親元の近くにおります。一方お兄ちゃんである私は、大学に行っても、2年浪人したから自分に自信がもてなくてフラフラしている。30歳を過ぎるとアメリカに行ってしまい、10年近くも帰って来ない。なんか寅さんと妹のさくらさんとの関係に近いところがあって、身につまされるものがありました。
 当時は、映画を見てほっとするだけでしたが、カウンセリングの仕事をするようになって、寅さんって「ただ者じゃない」と思うようになりました。
 山田洋次監督が、渥美清さんは、「100人に対して100の顔を持っている」と話されました。寅さんも、相手の顔に合わせて自分の顔を作れる。相手に合わせて相手の世界に入っちゃう人です。自分の好きになったマドンナがお寺の娘だったら、寅さんは急に住職さんになったりする。法事に行って、堅い住職さんよりも受けたというシーンがありました。自分の好きになった人が考古学の若い先生のときには、急に勉強を始めたり、その気になりやすい。
 そんなに簡単には人のことは分かりませんが、できるだけその人の気持ちになって、その人をサポートする。自分の価値観で勝負しないで、その人の価値観、大切にしているものを分かりたいと思って接する。寅さんはとてもカウンセラー的です。相手をほっとけなくなるのが、人間への関心であり、援助することで表される人間愛で、ボランティアヘルパーです。この癒す力は強いのです。
 寅さんが主にやっていることは次の3つです。

/佑力辰鬚茲聞きます
 寅さんは、たくさん喋っているようで、人の話も結構聞いています。忙しそうにしている人には人は話しにくいのですが、寅さんはひまですから、相手も話しやすい。困った人が誰かのところへ話をしに行ったときに、「私はあなたのために時間を作りますよ」「あなたと一緒に過ごしますよ」というメッセージは大変大きな力になります。すごく大事だと思います。子どもが困って、「お母さん」とか「先生」と言ってきた時に、少しでもいいから、その子のために時間を作ることが大事です。

△覆蠅佞蠅まわず人の味方になります
 仕事のない人には仕事を探してあげる。だまされてお金を取られた人には、お金を取り戻す援助をします。自分にはお金も地位もないから、お金や地位のある人を使っています。なりふりかまわず味方になるというところが寅さんの実にすごいところです。

自分の考えを相手に話します
 「勉強した方がいいよ」「親は大事にしなよ」寅さんは、自分のことを棚に上げて言います。これは大事だと思います。今、価値観がたくさんあって、子どもは自由なんだから、何も言っちゃいけないと大人はびくびくして、何を言っていいのか分からなくなっているようです。でも、「私はこう思う。でも、あなたがどうするかは、あなたが決めればいい」と、伝えたいですね。
 子どもたちや若者と話をしていると、中立の立場もアドバイスもいいが、大人が自分のことを話すとうれしいって言います。私も、高校生や中学生と話をする時、異性の話題が出ると、私はタレントで言えばこういう人が好きだと、自分のことを話すと、結構みんな喜んで聞いてくれます。
 自分のこと、自分の人生について話すこと、また自分の意見を言うことで、相手はこちらを身近に感じてくれることを寅さんから学べます。(「スタタリング・ナウ」2001.7.21 NO.83)
つづく


日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2023/05/14
Archives
livedoor プロフィール

kituon

QRコード(携帯電話用)
QRコード