チャールズ・ヴァン・ライパーの『The Treatment of Stuttering』第9章「動機」の最後の文章です。目標設定や決定過程に、どもる人自身が参加するという点は、大事な視点だと思います。他者に、自分のことばをなんとかしてもらうことなど、本来できるものではないでしょう。どもりながらも何かに取り組んだという地道な試みを続けていくことが、どもる人にとって、大切なことではないかと、僕は思うのです。
 ライパー博士は、僕の尊敬する、どもる研究者ですが、この文章を読む限り、どもる人よりも研究者としての立場が重視されているようです。交換券などの発想も、ちょっと違うんだけどなあというのが、正直な感想です。
 しかし、「吃音を治す努力の否定」「吃音者宣言」などに対して送っていただいた感想には、どもる同士としての熱いものを感じ、やはり、僕はライパー博士のことが好きだし、尊敬しています。

『The Treatment of Stuttering』第9章 動機(2)
    ―動機、その特質の克服―Charles Van Riper


§治療の実際
 私たちが提唱する治療の種類は、主として心理療法を指向する行動療法である。新しい学習ができるよう、セラピストはどもる人と共同で課題設定する。私たちは治療の成功のための自己責任を、どもる人に伝えなければならない。責任をその人に負わさないと、いつも後退と逆行を招くことになる。自己責任をどもる人に理解させるのは簡単ではないが、目標設定に参加させるなどによって責任を学ばせる。動機は、積極的に計画の決定に役割を担う時に高められるが、自分の人生が陰でこっそりと操縦されていると本人が感じる時、弱まる。
 「あなたは患者である。私はセラピストである。あなたは病気である。私は病気ではない。それを忘れないでおきましょう」
 この治療哲学を私たちは信用しない。もし私たちがどもる本人を計画からはずすと、その人を受け身にさせる。私たちは本人を目標設定や決定過程に参加させるとき、隠れたままになっている潜在的な動機を動かすことができる。

§強化
 吃音の治療は長期に渡るため、セラピーの間には、誰でもその目標達成のために、どもる人の動機を強化する方法を作り出す必要がある。セラピーの中で用いられる主要な強化因子は、セラピストの承認である。私たちは、ことばによる承認に対して激しく抵抗するが、うなずきやほほ笑みには反応する。私たちはどもることに対して罰を与えない聞き手が欲しいというどもる人のニードを満たすことができる。彼らの不安や緊張場面を減らせることが私たちにできるということが分かると、私たちの承認を喜ぶようになる。
 しかし、承認それ自体に価値があるわけではない。私たちの仕事は、承認によって、クライエントをとりこにすることではない。そのような手段はうまくいっても一時的で最小の効果しかないし、悪くいけばクライエントに永久の依存と失敗を運命づけることになる。「セラピストに気に入られようとする」ような種類の動機づけは非常に危険を伴うのだ。できるだけ早くセラピストの承認を待つことから、自分自身に承認を与えることに移行すべきだ。そのひとつの方法として、自分が何かを達成したこと、成功した行動を言語化するようにすすめることだ。
 「今日、非常に怖かったし、激しくどもったが、化学の授業の後で、先生に質問した。この時ばかりは、本当に恐怖に直面したんだ、やってしまわなくてはならないことをやったんだ、と大声で自分に言い聞かせた。私は大変誇らしく感じたし、私がそう言うのを聞くことは気持ちよかった」
 自分自身に承認を与えることができるようになれば、どもる人はセラピストの承認に頼らなくなる。どもる人は、治療のゴールまで、二者択一の評価しか持たない。どもることとどもらないことだ。もしセラピストが単に流暢さに賞を与え、どもることを罰するなら、たとえ、一時的にどもらなくなっても、それによって何も得られない。私たちの治療では、3番目の選択を提示する。それは、異常さを少なくしてどもるということである。

§交換券
 私たちは交換券の使用を含むいろいろな他の強化や刺激を実験した。交換券は、多くの学問経験において動機を与える方策として広く使われている。そして、それらにはいくらかの驚くべき利益がある。
 かつて私たちは、1か月の間、クリニックで、どもる人に対し、交換券を考案した。
 治療課題がうまくいけば、得点を与える。店に電話をすれば3点、知らない家に電話をして尋ねれば5点、就職試験に対しては10点。合計で200点になると、次の中から交換券を選ぶことができる。
 ☆初対面でのデートを引き受ける女の子の電話番号
 ☆映画の無料券 
 ☆飲めるだけのビール。
 この交換券の導入で、どもる人は非常に熱心に治療プログラムに反応し、これらの刺激のもとで、急速に進歩する。しかし、その効果はだんだんあやしくなり、最後にはやめざるを得ない。このような交換券による治療動機の強化は、新しい反応を確立する時には効果的だが、それらの反応を維持することにはならない。交換券で得られた価値は、人為的に膨張されたものであり、現実の世界では、価値などほとんどない。だから、それらが、動機となって、学習が長く持続することはほとんどない。
 社会的強化因子の方がよりよく働く。例えばセラピストの承認は、自己承認に移行させることができる。
 どもる人の最も強い有用な種類の積極的強化は、コミュニケーションの不快から逃れることである。
 話していて、どもりそうなことばがあると、言い換えたり、口をつぐんだりしてきた。どもらないことによって、どもる人は罰を受けないように工夫してきた。どもると思うとそれを回避したのである。実際、どもる人の問題の大部分は回避行動にある。
 負の強化、それは当然罰からの回避だが、もしそれをうまく使うなら、強力な治療動機になる。しかし、私たちのセラピーでは、罰はほとんど使わず、使う時には、非常に慎重に行う。どもる人はこれまでに充分に罰を与えられてきた。これまでの人生、他人からだけでなく、自分自身からも罰を与えられてきた。その結果として生まれる怒り、恥ずかしさ、当惑の反応を伴う罰は、吃音者の体内で常に跳ね回る罪という精神的な水たまりに流れ込んできた。その水たまりに、これ以上水を加えたくはない。
 C.S.ブルーメルに、年老いてからどのようにしてどもりを治したのかと尋ねた時、彼が語ったことを忘れない。彼は次のように言った。
 「私は2つの方法で変わりました。ひとつは、自分自身にやさしくなれるようになったこと、ふたつめは自分の口が行ったことに対する責任をとれるようになったことです」
 どもる人が、罰を好むセラピストにあたったら、自分自身にやさしくすることは非常に難しいだろう。多分、ある行動を抑えるのに使う最も効果的な罰は、常にどもる人にとって特に有害だ。その人がどもると、沈黙して聞かない、一度言ったことを繰り返させる、それ以上の会話をすることをやめさせるなどだ。
 とにかく、私たちは、自由を求める戦いにどもる人を送り出すトランペットを吹き、どもる人が自分でトランペットを吹けるようにさせる。誠実さは山を動かすと言われているが、どもる人を動かすのは、セラピストの献身的なケアーと関心である。(了)


日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2021/11/20