伊藤伸二の吃音(どもり)相談室

「どもり」の語り部・伊藤伸二(日本吃音臨床研究会代表)が、吃音(どもり)について語ります。

東日本大震災

東日本大震災の被災地と震災遺構を訪ねる旅 6 土門拳記念館と藤沢周平記念館

東日本大震災の被災地と震災遺構を訪ねる旅 6 土門拳記念館と藤沢周平記念館

宿場町セット十三人の刺客セット 宮古から気仙沼に南下し、そこから日本列島横断の旅に出発しました。向かったのは、秋田県庄内羽黒です。羽黒山、月山、湯殿山を合わせて出羽三山と呼ぶそうですが、そのうちのひとつ、羽黒山のスギ並木の石段、随神門、そして五重塔と神秘的な石段を歩きました。その後は、映画好きな僕には興味ある、スタジオセディック庄内オープンエリアへ。たくさんの映画やドラマを撮った所です。僕たちが観た「十三人の刺客」で使われた宿場町のセットがありました。映画のシーンがよみがえってきました。
土門拳・藤沢周平記念館 翌日、以前から行きたかった、土門拳記念館へ行きました。―ヒロシマ・ナガサキ―江成常夫と土門拳 の特別展がありました。土門拳の作品には、よく子どもが登場します。「筑豊のこども」、「江東のこども」などで、子どもの屈託のない表情が印象的でした。今回の―ヒロシマ・ナガサキ―でも、子どもが出てきます。今回の―ヒロシマ・ナガサキ―では、被爆した女性たちのケロイドを、憤怒に震え、泣きながら撮ったそうです。皮膚移植手術の様子は、見るのが怖くなるくらい詳細でした。胎内被爆の子は白血病に苦しんでいましたが、その子のうつろなまなざしに、戦争の不条理と原爆の無慈悲を感じました。彼の、平和への強い願いが表れていました。ヒロシマの原爆記念館に収めて欲しい写真です。
 映像があって、見ましたが、映像の中の土門拳さんは、どもっているようにみえました。土門拳さんがどもるということは聞いたことがあるのですが、映像を見たのは初めてでした。吃音は、51歳の時の脳出血の後遺症だと思っていましたが、そうではなかったようです。
藤沢周平記念館のみ藤沢周平記念館の前で 伸二 その後、藤沢周平記念館に行きました。藤沢周平さんには、大阪教育大学の5日間の集中講義の時、「吃音を治す努力の否定」についてどう思うか、アンケートをお送りしたことがあります。その時、丁寧にお返事をいただきました。記念館には年譜がありましたが、そこにも、ちゃんと、「この頃、吃音に悩む」と書いてありました。
藤沢周平年譜 藤沢周平さんが、「他者を理解できる人に」とのタイトルで、新成人に向けて書いた文章がありました。

      他者を理解できる人に
 一度しかおとずれない青春です。この時期にスポーツ、恋愛、仕事、何でもいいから、自分のやりたいことに思いっきり挑戦してみてください。失敗をおそれる必要はありません。失敗こそ奥行きのある人間をつくるのです。しかし、やりたいことをやるといっても、他人の迷惑を考えない自己中心的なやり方をするのは大人とは言えません。どうか他者の存在を理解できる人になってください。…

 偶然ですが、二人の吃音の先輩の記念館を同時に訪ねたことになります。

 長かった東北への旅もそろそろ終わりに近づきました。大阪へは、日本海沿いを南下しました。日本海東北道から北陸道を走り、金沢で一泊しました。金沢まで来ると、ああ、帰ってきたと思いました。今回は、宮城・岩手が中心だったので、次回は、福島に行きたいと計画しています。

日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2022/09/18

東日本大震災の被災地と震災遺構を訪ねる旅 5 石巻市震災遺構大川小学校

東日本大震災の被災地と震災遺構を訪ねる旅 5  石巻市震災遺構大川小学校

大川小学校2大川小学校 大川小学校3大川小学校校歌大川小学校展示女川町で、今野順夫さんにお会いし、阿部莉菜さん、容子さんのお墓参りをして、女川つながる図書館に行った後、車を石巻市に走らせました。ぜひ、行きたかったところがあります。それは、石巻市震災遺構大川小学校です。すぐそばを北上川が流れていました。学校は、低い土地に建っていました。地震発生が14:46、大津波警報が出されたのが14:52、そして実際に津波が到達したのが15:37でした。約1時間、子どもたちは、運動場で、高台に避難するよう呼びかける放送を聞きながら待機させられていたのです。
なぜ?と思ってしまいます。「山へ逃げよう」と先生に訴えた子もいたと聞いています。実際に行動した子もいたと聞きました。
 パンフレットには、こう記されています。
大川小学校パンフレット    町がありました
    生活がありました
    いのちがありました
    子どもたちが
    学び 遊びました
  石巻市の市内も走りました。石巻には、震災2年後に訪れています。町の真ん中に、家の屋根の上に船がひっくり返っていました。川の近くにある石ノ森章太郎の漫画館にも行きましたが、その日はちょうど休館日でした。町はまだまだ寂しい感じがしました。そこに確かにあった生活、戻るのは難しいようです。大川小学校についてなど、震災関連ではは書きたいことがありすぎて、これ以上は書けません。東日本大震災の被災地と震災遺構を訪ねる旅の記事を終えるにあたって、旅のきっかけになった、阿部莉菜さんのことを紹介した、NPO法人全国ことばを育む会発行の「吃音とともに豊かに生きる」の一部分を紹介します。
 
防災教育と吃音    「吃音とともに豊かに生きる」P.32より 

 被災地では、「釜石の奇跡」と呼ばれる「防災教育」が成果をあげました。大きな津波を経験している三陸地方では、家族てんでんばらばらに逃げて生き延びる「津波てんでんこ」が言い伝えられています。これを防災教育に生かしたのが釜石市です。群馬大学の片田敏孝教授の徹底した教育を受けた子どもたちは、学校の管理下になかった5人をのぞいて、市内の小・中学生およそ3000人全員が無事に生き延びました。子どもたちは、「日頃教えられたことを実践したに過ぎない。奇跡ではなく、実績だ」と話します。防災教育が徹底された地域とそうでない地域の大きな差は、教育の力の大きさを表しています。
 どもることは何の問題もありません。吃音を否定し、劣等コンプレックスに陥って、吃音は単なる話しことばの特徴から、取り組まなければならない課題へと転じます。まだ子どもが吃音を否定していない場合でも、否定するとどのような問題が起こるか学んでおく必要があります。吃音の取り組みは、防災教育に似て、予防教育だとも言えると僕は思います。
 吃音親子サマーキャンプに、宮城県女川町から3年連続して参加した4人家族がいました。小学6年の阿部さんは、6年生になっていじめに合い、不登校になりました。その辛さを僕のグループで泣きながら話しました。90分の話し合いで、顔が晴れやかになり、翌朝の作文教室で「どもってもだいじょうぶ!」と作文に書きました。すぐに学校へ行くようになり、その後もキャンプに参加して、将来の明るい夢を語り、仙台の高校に入学が決まっていたのに、お母さんと一緒に逃げ遅れて亡くなりました。彼女のことは決して忘れないでおこうと、その後の講演などで、作文を紹介しています。

   どもってもだいじょうぶ!
                         小学6年 阿部莉菜
 私は学校でしゃべることがとてもこわかったです。どうしてかというと、どもるから。しゃべっていて、どもってしまうと、みんなの視線が気になります。そして、なんだか「早くしてよ!」と言われそうで、とってもこわかったです。なんだかこどくに思えました。でも、サマーキャンプはちがいました。今年初めてサマーキャンプに来てみて、みんな私と同じで、どもってるんだ、私はひとりじゃないんだと思いました。そして、タ食後、同じ学年の人と話し合いがありました。そのときに思ったのは、みんな、前向きにがんばってるんだ、なのに私はどもりのことをひきずって、全然前向きに考えてなかった。そのとき、私は思いました。どもりを私のとくちょうにしちゃえばいいんだ。そのとき、キャンプに行く前にお父さんに言われたことを思い出しました。どもりもりっぱな、いい大人になるための、肥料なんだよ。そうだ、どもりは私にとって大事なものなんだ。そういうことを昨日思いました。今日、朝起きたときは、気持ちが楽でした。まだサマーキャンプは始まったばかりだと思うけど、とても学校などでしゃべれる自信がつきました。

日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2022/09/16

東日本大震災の被災地と震災遺構を訪ねる旅 4 釜石・陸前高田

東日本大震災の被災地と震災遺構を訪ねる旅 4 
 釜石市・「うのすまい・トモス」
 陸前高田市・東日本大震災津波伝承館(いわてTSUNAMIメモリアル)と奇跡の一本松

久慈普代 三鉄久慈普代 駅名 被災地と震災遺構を訪ねる旅の合間に、観光地にも少し行きました。車で久慈まで行き、そこで、久慈―普代間の往復乗車券を買いました。宮古駅の観光案内センターで、「宮古から久慈まで乗ってもいいが、トンネルが多いので、車があるなら久慈まで車で行って、リアス式海岸線のきれいなところの往復をしたらいい」と教えてもらったのです。
久慈普代 赤い鉄橋久慈普代 景色 なるほど、情報はその土地土地で仕入れるに限ります。なぜか半額の700円の往復乗車券が買えて、しかもクーポン券付です。10:39発の三陸鉄道に乗車しました。聞いたとおり、トンネルが多かったのですが、堀内と白井海岸の間がリアス式海岸できれいでした。電車も徐行したり、停まったりしてくれます。


釜石 防災教育釜石 てんでんこ釜石 メモリアル 別の日、岩手県の釜石市に行きました。これも観光案内で聞いて、伝承館のひとつ、釜石の「うのすまい・トモス」へ行きました。釜石祈りのパーク、いのちをつなぐ未来館があります。「釜石の奇跡 津波てんでんこ」についても展示されていました。「てんでんこ」は、「てんでん・ばらばらに逃げるという意味だけではない。それぞれが自分の命は自分で守るという防災教育です」ということばが印象的でした。鵜住居駅のホームに立つと、その奥に、釜石鵜住居復興スタジアムが見えます。釜石 ラグビー1釜石 ラグビー2釜石 ラグビー看板と共に僕は、スポーツの中で、好きで今でもよく観るのは、唯一、ラグビーです。新日鉄釜石の時代からよく試合を見ていました。森重隆、松尾雄治らも現役時代から見ていました。ラグビーのワールドカップがあった年だったか、ラグビーを扱ったTVドラマがいくつかありました。ラグビーというだけで見たのですが、萩原健一、高橋克典らが出ていたのを覚えています。その舞台が、ここ釜石の復興スタジアムでした。歩いていくと、中に入ることができ、ながめていると、関係者らしき人が声をかけてくれました。僕が、明治大学出身で、ラグビーの早明戦は東京まで観に行くと話すと、「僕もラグビーをしていました。明治のラグビーはいいですね。僕も明治に行きたかったんですけど…」と話が弾みました。
陸前高田 消防車陸前高田 松植林陸前高田 一本松 その後、「東日本大震災津波伝承館(いわてTSUNAMIメモリアル)」に行きました。みんなの命を助けるために、最後までサイレンを鳴らし走っていた消防車が展示されていました。少し歩くと、有名な「奇跡の一本松」があります。一本松のそばに、ひっくり返ったユースホステルがありました。ずうっと、広く長く続く松林だったそうです。映像で、その松林が、津波にのまれ、根こそぎなぎ倒されるところを見ました。今、松の植林をされていました。まだ小さいです。この松たちが伸びて、松林になるのは何年後だろうと思います。
 今回は、岩手県と宮城県を中心に回りましたが、次回は福島県を中心に行こうと思っています。福島は、原発事故がからんできます。自分の目で見て、体感し、自分の頭で考えて、どう行動するのか、大切なことだと思います。

日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2022/09/15
Archives
livedoor プロフィール

kituon

QRコード(携帯電話用)
QRコード