一昨日のつづきです。
 1997年9月13〜15日、奈良県・桜井市で開催した、第3回吃音ショートコースでの最終プログラムを紹介しています。そのときのテーマは《吃音と自己表現》。特別講師に平木典子さん(日本女子大学教授)を迎え、日本吃音臨床研究会顧問の内須川洸さん(昭和女子大学教授)を交えて、実習を取り入れながら、語り合いました。
話すことが苦手な人のアサーション 表紙 その3時間の鼎談の完全採録やグループ実習の記録、アサーティブネスについての水町俊郎・愛媛大学教授の論文など、金子書房『話すことが苦手な人のアサーション〜どもる人とのワークショップの記録〜』(定価 1800円+税)に掲載しています。ご希望の方は、郵便局に備え付けの郵便振替用紙をご利用の上、ご送金下さい。お送りします。
  加入者名  日本吃音臨床研究会
  口座番号  00970−1−314142
  代金    定価 1,800円+税180円=1,980円 (送料当方負担)

 では、1998年1月17日の「スタタリング・ナウ」(NO.41)で、ほんのさわりを紹介した鼎談のつづきを紹介します。
 
どもるがゆえにできる素晴らしい自己表現
伊藤 昨日の夜に、ことばの教室の先生方との話の中で出た話です。吃音の研究者はかなりいますが、サンフランシスコでの吃音国際学会で、女性の研究者がどもってどもって発表するんです。それが、流暢に原稿を読み上げる発表よりもすごく素敵なんですね。ああ良いなあって、何か耳に心地よい、すごいリズム感でその人の人柄がよく出ている。かなりどもってはいるんだけど、全く気にならない。こういうどもり方なら、どもりというのは一つの言語として、「どもり語」を使う民族として、誇ってもいいと、その時ふと思いました。
 どもりというのを取り除けば表現できるということではなくて、どもりながらでもああいう学会の場で、どもらない人よりもすごい説得力のある表現力をする。そしてまたそれが説得力だけではなくてさわやかな印象を与える。僕がすごいなあという話をしていたら、内須川先生が「その人知ってる」とおっしゃった。笑顔の素敵な…

内須川 私はね、3年前のドイツの国際学会で会ったんですよ。昨夜彼の話を聞いて、直ぐに彼女じゃないかと思い出したんです。名前忘れちゃったけど。私も素晴らしい魅力的などもり方をする人だと強く印象に残っています。同じ人ではないかも知れないけど、ドイツで会ったその方の場合は、どもるということ自体が非常に重要な要素なんですね。どもるような話し方と、その人のパーソナリティーとが一致してるということで、どもるということがその人の話し方になっている。こうなると、魅力が出て来るんですね。その他にも、笑顔が素敵できれいでしたけどね。(笑)

平木 昨日のように集団討議を中心にしたトレーニングの段階が終わると、次の段階は自分がどのようにアサーティブに表現ができるようになるかという個別指導の小グループによるトレーニングがあるんです。6人ぐらいを一組にして、一人一人が自分がアサーティブになるためのトレーニングに入ります。そのトレーニングでは、何が悪いというのは一切言わないんです。原因を治さなくちゃダメっという言い方はしない。「ここが良いからそれを使って、ともかくやりなさい」とか「今のあなたの表現の中で、ここがとっても良かったからそこを使って表現するようにしなさい」ということしか言わない。ロールプレイでトレーニングするんですが、ときどきものすごく面白いことがあります。あなたのここが良かったから、これをうまく使いなさいと言うときに、「あなたが、下を向いてじっと何も言えなかったのが良かった」「あそこはすらすら言わないでひっかかって言ったから説得力があった」というのが出てくるんです。多くの人がすらすら表現したいと思ってるのに、アサーションってすらすらじゃないんですよ。下を向いて言えなかったことが良いと思えるようになるんです。今のどもって発表する研究者もそうですね。その人の魅力になったら良いんですよね。

内須川 私は、吃音の体験がなくてね、どもる方から見れば流れが速いことについて憧れがあるかも知れないけど、滑らかに話す人から見ると、どもることは憧れなんです。つまり、私の話し方に、あのーとか、んーとか、そのーが入らない。入れられないんです。こういう人をどう思ったらいいの?(笑)
 これは私のパーソナリティーからきているんで、そのパーソナリティーを崩したらおかしなことになるんじゃないかって思います。それぞれそういうユニークな話し方があるんじゃないか。でもどもりの場合は言葉にこだわるから、ちょっとおかしくなるというところがあるんじゃないでしょうか。それと、どもりそのものと直接関係があるとは思わないけども、自分の感情を表すという、自己主張ですね、これが得手でないというところがあるんですね。これと言葉がくっつくと、問題が起きると思うので、感情を表すことが自由にできる素地を作っておくことがどもりの問題を良い方向に向けるには非常に重要なことじゃないか。

平木 気持ちのところで一つ段階を乗り越えれば、次は大分楽になるんだろうなって思うんです。あのKJ法の図解で印象的なのは、リラックスしている時や歌を歌っている時、遊んでいる時はどもらないとありますでしょう。ただ、気にしていることを気にするなというともっと気にするので、私は気にしていることは気にするなとは言わないことにしています。気にしている人は気にした方がいいと思うんです。だって気になっちゃうんだから。

内須川 気にしなくなるまで気にすることだな。(笑)

平木 そのうち嫌になるよって。そしたらきっと、やめたくなったらやめるんじゃないか。

伊藤 先ほどの、下を向いてうつむいているのがすごく良かったというお話の中で、それはアサーティブ・トレーニングを経てきたからで、以前だったらあまり良くない表現だと思ってたんでしょうね。
 トレーニングを経ることによって、うつむいたりもじもじするといったような、これまでネガティブに考えていた表現の形が、その人にとって、今、相応しい表現だと思えるようになるのはすごい進歩なんでしょうね。

平木 すごい変化ですね。それまでは、滑らかにスムーズに話すことがいいことだと思っていた人が、そうじゃないんじゃないか、そこで止まったから次に言った言葉が生きたんじゃないかと発見する。
 逆に言うと、すらすらと言ってしまったらすうっと耳から通り過ぎてしまったかも知れないのに、もたもたして止まったために次に言った言葉がインパクトとしてすごく強いわけなんですよね。
 今まで一度も謝ったことのない人が謝るというのや、ごねたことがない人がごねるというのは、すごい大変なわけですね。だから、んーとか、あのーとか言いながら、「実は悪いと思ってる」なんて言うとね、大拍手になる。そしてあそこでもたもた言ったから良かったってなるわけですよ。
 「(流暢に)ごめんなさい」って言うと、本当に大変な思いをして言ってるのが全然伝わらない。

伊藤 この夏の吃音親子サマーキャンプの時のことを思い出しました。子どもたちはえらいしたたかだなと思ったんです。「どもってて良かったなあと思うようなことはないか」と子どもたちに聞いたら、「答えが分からないときにごまかすのにどもっているふりをするとええんや」とか、「なんか人に謝ったりするときに、どもるとええ」とかね。大人よりもしたたかというか見事と思いました。表現の「つぼ」というのを心得ている。
 確かに、いつでもどこでも流暢に表現しなければならない、そういうあたりに僕たちは長年とらわれすぎてきたんじゃないかなと思うんです。(つづく)
(吃音ショートコース開催は、1997年9月13〜15日) 


日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2022/06/01